2019年9月16日 大町ビレッジにて

ジイジ
現代の物理、科学、経済、人口など、そのような学問で世界を分析し誘導してきた人々や、政治権力で国を支配し世界の体制を創ってきた人々にとって、我々は特殊な存在なのかもしれないが、視点を変えれば、我々は現代社会の切り口を超えた視点を持っていると言える。
彼らは、人間が展開してきた社会において、自からの理論が永遠であるかのような錯覚を持ち、資本主義経済がもたらす欲望の延長にお金というものの虜になってしまっている。
しかし、本来、地球上にこのような経済システムと共にお金が現れたのは、人間の歴史にとってもほんの一瞬のことである。さらに、地球やもっと巨大な宇宙の成り立ちからすれば、そのような不可思議なものはなかったはずである。これは人間の叡智というのか、神が人間に与えたものなのか、この魔法のような麻薬のようなものは、一瞬の間に現れ地球上にはびこるようになったが、この世界を生命世界と考えたら、生命世界の生命力を奪い生命秩序を乱すものとなった。
しかし、この存在の全てが悪かというと、そうとは限らない。これは叡智でもある。叡智の使いかたを間違うとこのようになるのは、人間のテクノロジーにも同じことが言える。叡智を万遍なく人々や生命世界の調和に生かせば、それは有効なものであるということを忘れずに、その扱い方を考えなければならない。その大元にあるのは人間の性質であり、それがこのような現代の現象をもたらした。人間が自らの叡智、尊さの鍵の使い方を間違えていると言える。
それは、250年あまりの物質至上主義である資本主義の上にあったことであり、それを超えた社会システムを地球上にもたらさないと、我々は単なる地球の破壊者、もしくは有害菌といった不良な存在になってしまう。簡単に言えば、がん細胞であったということ。
現代は、グローバル化によって地球上のほぼ全ての者に、有害性の性質は行きわたっており、そのことが地球の行く末に深刻な影響を与えることは目に見えている。それは既に地球のキャパを超えているかもしれない。これは歴史的に見れば、有害性があるがゆえに淘汰の対象にしかならない可能性を秘めている。
今、これ以上は語れないが、地球上にある生命にしろ、文明にしろ、これが人間のみの意思によって創られたかというと、そもそも現代の現状は過去の歴史の延長にあり、過去の歴史をも含めた未来につなげて観た時、そこにその物語のプロセスを導くものの意思が感じられる。その存在があることを理解し、その意思が地球上に現れた現状を通して人間に何を求めているのかを、人々はこれから真剣に考えなければならない。
だから、我々は非常に重要なことをやっている。この歩みは、ひとつのコミュニティーの中で自己完結するようなものではない。コミュニティーが成立し完結すること自体が、現代の人々には難しくなっている現状の中で、我々がコミュニティーとして完結させ、そして自然との付き合い方や人間の叡智の使い方のヒントを世の中に与える必要がある。
やはり、中国の指導者に会わなければいけない。

みかこ
中国のこれからの動向は気になるね。昨夜見たテレビ番組でも、これからの時代はアメリカではなく中国がカギを握っていると言っていたね。

ジイジ
ああ誰かも言っていたね。これからは中国だよ。

みかこ
今まではアメリカがトップに立ってきた時代だったけれど。

ジイジ
ちょっと前に、「もっと見えるようになるぞ」と言われた。
それは、世の中の実態が、そしてこれからどうするべきか、そして我々のあゆみの重要性が、もっと見えてくるんだよ。
あとは、天が時代を通して縁を紡ぎ、その縁に乗るだけだよ。策略をたてる必要は一切ない。我々は天の用意した流れ道筋に応え、そこに流れ歩むだけでいい。
人間たちが、自らに偏った欲求を欲望の元にかなえようとすることは、自我をどんどん膨らませる。しかし、本来、自我というものは世界の実態を悟るために与えられ、そして世界を悟った時にその自我を超越し、世界そのものに帰っていくためにある。

みかこ
自我があることがもろ刃の剣として働いている。

ジイジ
昨夜の番組で出て生きた経済学者たちは、あのように科学的分析に基づく立派な理論を言っているが、答えを禅に求めているなんて笑い話だよ。禅は精神を内向きにすることだから。

みかこ
その先の答えを求めているけれど、禅止まりだね。

ジイジ
全く答えが出ないんだよ。そのような状態のことを全然と言うんだよ。(ち~ん)

みかこ
プロセスとして禅を通るのはわかる気がする。

ジイジ
わかる、わかる。禅が作り出す静寂は冷静な自分を作り、冷静な自らの精神状態からより広い客観性や世界観を求めていくのはわかる。しかし、うちに秘めることによって、問題ごとから気をそらしてしまい、問題ごとが見えたときの恐怖や矛盾をないことにしてしまうようなところがある。禅というのは、問題ごとをなかったことにしようとする帳面合わせの作法だから、ある意味ごまかしなんだよ。その延長に悟りには行かない。

みかこ
インドのヨガはどうなの?

ジイジ
基本的に同じだね。

みかこ
ビートルズとか、売れて何年か経つと、欲望によって汚れた自分自身をきれいにするためにヨガに興味をもってインドに行ったりしたけれど。

ジイジ
それも同じだよ。長い間、インドのヨガは、極めたものを悟りに導いてきたかもしれないが、その悟りは個人の境地を極め、個人に悟りを与えるものであるから、自己満足に陥ってしまうんだよ。

みかこ
禅にはそこもないでしょう。

ジイジ
禅にはそこもない。境地に浸ることによって、現実逃避に陥ってしまうんだよ。
インドのヨガの延長に、聖人聖者はいるけれど、禅の延長に聖人聖者はいない。自らの境地の中に没頭し、周りとの関係性の認識を打ち消していくものだから。その境地に至ったものは、その境地を社会のために生かすという事はないんだよ。つまり意識を静寂の中に消して、諸行をないことにするものだから。

みかこ
何だか不可思議な感じがする。静寂まで行って悟ったら、個人の悟りを超えた次の悟りのステップに向かっていってもいいような気がする。

ジイジ
それは仕方がないね。そこを良しとして譲らない、そのレベルの境地に魅力を感じる精神性があるのだから。場合によってはそれを逃げ口にすると、禅の向こうに迷いが待っている。「セン」だから。「狭い(セ)ところに強く入り込んで(ン)しまい、それが濁っている」のが禅だから。
そもそも、これまでの存在全てが、平等に現状の世界を創るに相応しい貢献をしてきたわけだから、全く新しい視点から、この世界を紐解いて解決策を見出さなければならない。それは、人間たちだけの特定の思い入れの中で作ってきた現代社会に対し、人間たちと天意のコラボレーションによって創る必要がある。つまり、天意から離れ、それを無視し忘れ、そして現在に至っているわけだから、もう一度天意もしくは宇宙法則、地球生態系法則、そういったものとコラボレーションすることの重要性を取り戻すことで、現状の世界の健全化につなげていくことができる。

みかこ
それが今だね。光のピークがあれば次に闇のピークが訪れ、それを繰り返すのが宇宙の法則だよね。それは天が創っている時代のサイクルだから、忘れるところまでプロセスとして組まれている。

ジイジ
最終的に、この理論を世の中を切り替えるための原動力にするためには、今までの世界をリードしてきて優れている正しいと思っている者たちに伝える、もしくは彼らがそこに気づく必要がある。もう一つは、そういった矛盾を直感で感じ取り、そして現状に大いなるメッセージが秘められた問題がある事を匂いで嗅ぎ分けている者たちのネットワークを作る事だ。それは次の時代への推進力になる。優れていると賞賛されてきた過去の時代の担い手たちが、そういった時代遅れの手法を推進することをやめて、同時に新たな時代に相応しい生き方をしていくことが求められる。優れている者たちは、すでに肥大化した人間社会の中に様々な形で配置されているから、そういった者たちが時代の大転換に気づき目覚めていく必要がある。

みかこ
そうだね。昨日の番組を見て思ったのは、ジイジがこの前言っていたように、わかるものにはわかるけれど、わからないものにはわからないから、わからないものに言っても、エネルギーの無駄になる。だけど、わからないも極みまで行った者には次のステージがある。

ジイジ
間違いを極めたものたちも、その限界を知りだしたから、わかる段階に来た。

みかこ
そうそう。昨日の番組の人たちもそうだった。賢いから、ぎりぎりのところまで来ていることをわかって、それ以上突破口がないことを感じてはいる。

ジイジ
人間の二元思考の思い入れで進んでいったのでは、手立てがない事を理解しだした者たち。これは政治の世界で言うと、先進国のリーダーがその立場に立っている。

みかこ
人間の中でも、可能性が秘められているものたちが現れだした。そういった人たちに次の時代の叡智が湧き出すためのメッセージが届くように語り続けることが大切だと思う。

ジイジ
そうだな。来年はそういう意味では、我々の存在がとてつもなく変化する年だよ。

みかこ
例えば、国の方向性が安泰だと思っている指導者たちではだめだけど、政情が不安定な国の指導者たちにはそのことの重要性がわかるだろう、とジイジがいうように、昨日の番組では世界中の優秀な有識者たちを集めてインタビューしていたけれど、一方向の分析に凝り固まった人たちというよりは、時代がぎりぎりまで来たことを理解し、次の答えを求めているようにも感じた。

ジイジ
優れていると称される人々は確かに優れているが、一方通行の分析によって観えてきた目の前にある絶壁までたどり着いた時に、そこから先に行く手段を見いだせない状態にいる。

みかこ
そう。だから、ある意味答えを待っているともいえる。
その世界の内側にいる限り、答えを観ることは無理なんだから。

ジイジ
明らかに、優秀な人々はその能力の限界を感じている。自らを超え、外からの視点で自らを客観視しない限り、それは無理なんだよ。今まで評価されてきた優秀さでは突破口は開けない。
そこだよ。我々も軌道修正の仕上げに入ってきた。それが、今までと種類が違うのは、野心をもって意図的に発信されてきたものは、人間の自我のうちから湧き出したものだったということ。

みかこ
これからは、野心をベースにした発信では通用しなくなる。

ジイジ
今、そのような時代が来て、そしてその時が来たからこそ、相応しく伝えられる。もしくはつなげられる。それが未来につながっていく。こういった流れに乗ると、人々の営みも時代により自動操縦されて、無駄が極めてなくなる。

みかこ
帝王学(エンペラーコード)というものがあるけれど、今あの内容を一般人に伝えようとしている人たちは、人々にお金を払わせている。それは、この時代において、いまだその精神性にふさわしい人格を有する者がいないため。しかし帝王学は日本にしかないもので、世界中の人たちがそれを探し求めている現状がある。
そこで受け継がれてきた内容は、この世界が多次元世界だという事を知り、最も高い次元にアクセスできるように自分自身を禊いでいく必要があり、現代にとびかっている情報のほとんどはゴミであって、願望とか欲とかそういったものを全て捨てることにより、目的を見出すことができると言っている。

ジイジ
だから、魂が自然に向く方向に意識を向け、そして向こうからくるものを素直に受け取り、受け取ったものを信じて手段としなさい。

みかこ
願望というものの内容が個人的な内容ではなく、世界を良くするための天の意思と一致したときにはじめてそれが宇宙と個人がシンクロする。公人としての意識を持つ事、それが勝ち負けを超越した位置であるということを説いている。

ジイジ
それを受け継いで広めようとする者たちと、我々はどういう関係になるのだろうか。

みかこ
木の花というのはそういう公の位置にあるものだと思う。

ジイジ
そういう位置にあると言っても、ちょっと種類が違うのは、それを口伝の様にして守り続けていくものたち、例えばカタカムナの内容を受け継いでいると言われる食家(めしけ)や平家のようなそういうものたちと我々は違う。我々は、時代の土壌に突然湧き出し、そこに現象化をするための芽が出たようなものなのだから。

みかこ
その人たちにはその人たちの役割があったんだろうね。

ジイジ
あるある。その者たちと我われは同時代に出会い引き継いでいく。

みかこ
出会う必要がないのかもしれない。

ジイジ
物理的な出会いではなく、意識の時点で互いの存在を宇宙的に理解し、その意識の状態で連携し、引き継いでいく関係性なのだろう。

みかこ
だから、霊的なアクセス先が同じところになればいいという事であって、その結果、物理性が連綿と紡がれる結果、同時に物理的にも出会うことになる。

ジイジ
その延長に、会おうが会うまいがそんなことはどうでもよくなるのだろう。
分かった!その帝王学の示す精神性の位置を、もしくはその存在を意識していけばいいんだ。

みかこ
そう。だから、表立って一般人に向けて発信し、お金を払わせて広めているけど、結局、お金を払おうが払うまいが、本当にそこの位置にアクセスできるものしかアクセスできない。

ジイジ
ある意味それは、現状の人々の目覚めの鈍さによるあがきのようなものだ。これからは、もっと確実なものとして提供する必要があり、その扉がそろそろ開くような気がする。我々がそのことを意識することが重要なんだろうと思う。

みかこ
あれ以来、私の所に繰り返し帝王学を広げる人たちから情報が来る。お金を払わなくても読める部分というのを送ってくる。そういうものを読んでいると、これはお金を払ったからといってわかるものではないと思う。払わなくてもわかる人にはわかる。

ジイジ
分かった。

みかこ
その域に行っている者として、それはジイジだということがそばにいるからわかる。お金を払ってもわからない人には、あの内容はわからない。

ジイジ
内から勝手に湧いてくる。

みかこ
みんな、その境地を目指しているけれど、それを、お金を払ったからといってその境地には行けるとは限らない。

ジイジ
それが金で買えるものなら経済システムの中にあるということだ。

みかこ
そうそう。カタカムナでいう人間としての波動を上げていくという事からすると、それでは意味がない。そういった方法論を伝授はするけれど、お金を払ってセミナーに出て方法を聞いたからといって人間性が高まるわけではない。

ジイジ
そういったものは、今まであるセミナーと同じで何も効果が現れない。
そのような事をやっているという事は、ある意味カモフラージュなんだろうか。

みかこ
そうかもしれない。伝わるところに伝わらせるためにこういうことをやっているのかもしれない。

ジイジ
だから、確信の部分を必要と思われるところに発信していく。

みかこ
帝王学の内容は、明治天皇までしか伝授されていないという。大正天皇以降は受け継いでいないといわれている。でも昭和天皇はジイジの所に来た。ジイジが受け皿だってわかるからだと思う。

ジイジ
昭和天皇にはできないから来たんだよ。

みかこ
うん、そう思う。

ジイジ
僕は今回この大町に来るのが、表面的には蜜蜂の点検に来たんだけれど、それはさして収穫のない空振りのようなものだったが、僕にはあなたとここへ来ることが、何か次のステップへ行くための節目のように感じていた。
この前、湧泉閣で夕飯を食べているとき、ご飯を食べていたメンバーが何人かいたけれど、一人ひとりが僕との対向発生だと感じたんだよ。そこで、ゆるぎがないところへ来たなと思ったときに、それぞれの対向発生によって、次のビジョンに役割を進化させる段階に来たと思った。

みかこ
この前のお釈迦様のビジョンが見えた後の話だよね。

ジイジ
そう。

みかこ
この土と共にある暮らしの延長にあればいいという事を再確認する、後押しを感じた。

ジイジ
そういえば、プミポン国王は土に縁のある国王なんだよ。

みかこ
プラサムコムの着ている衣装も土色の衣装だね。あれを思い出した。足るを知る経済。でもタイの仏教は戒律に縛られているね。

ジイジ
そして、それは格差を生むんだよ。完全に戒律と格差と階級の中にある。
ああなるほど。
最近思うことだが、クニノトコタチの神様とか、もちろんお釈迦様とか、アメノミナカヌシノオオカミとか、それはある限定された枠の中のものなんだよ。枠というのは、そのものの働きがその存在を成立させる法則の領域なんだよ。
最近、あなたという存在がなんとなく意識される。そのあなたという存在は世界の流れを創っている。さきほど見た番組の中の経済学者が、今まで我々がやってきたものの奥に何かがあると言っていた。その存在があなたで、その叡智がこの世界を動かしているんだよ。だから、そのあなたにアクセスし常にあなたとコラボしながら・・・。
そのあなたは万象につながっている。だから、どこからでもアクセスできる。それはあるのかないのかわからないようなものと経済学者は言っていた。それがあると気づいたものには、あることがわかる。しかし、わからないものには全く想像すら出来ない。今この境地にまで至ると、その存在が明らかにいて、それと向き合うことが出来るんだよ。
いるいる!
それが今まで語ってきた流れ。それは旬や、ターニングポイントや、そういったものを引き起こしている。時代もそれが変遷させている。つまり、星々の関係性すらそれが全て作りだしているんだよ。だから、星と星は物理的には遠くても連携しその関係性を保てるんだよ。

みかこ
距離を超えた存在だから。

ジイジ
そう、距離なんて何も関係ないんだよ。

みかこ
相似形だから。原子の中の原子核と電子の関係と、太陽と惑星の関係のように。

ジイジ
それがないと世界が動かないのだから。二極の対向発生があることにより、世界の全ては成り立っている。だから、アインシュタインの理論が世界を変えたというけれど、これはもっと宇宙の根源的なものだよ。そもそも宇宙の実態は、人間の叡智以前からあり続けるもの。だから、アインシュタインどころの話じゃないよ。

みかこ
これは光を超えた先にあるもの。

ジイジ
わかったぞ!見えてきた。

みかこ
氷山の見えている部分が風の向きに逆らって進んでいるように見えても、観えない水面下の大きな流れに沿っているということと同じだね。

ジイジ
そこだよ。

あれは私のビジョンではなくあなたのビジョンだったのですね。これからも、私に湧き出す思いは、全てあなたのビジョン。それはすでにあなたと契約を結んでいたこと。その契約を。あなたは私、私はあなた。そして、私の想いはあなたの思い、あなたの思いも私の思い。あなたは私なのですから、私はあなたなのですから。そのあなたがもう一度再認識として私の中に現れたということ。その認識が浅かったのですね。
わかります。わかります。あなたの存在があることは。明快にわかります。これからもっと連携して共に歩んでいきます。そこで表現される自我はこの世界に有効なものをもたらすわけです。その自我を人々は己ひとりに囲い込むのではなく、自我を開放し、そしてあなたとのアクセスに使い、その自我によってこの世界に安定をもたらすための自我にしなければならない。
わかります。わかります。それを実行していきます。
このアクセスコードは外しませんから。私はこの立場をとる限り、このアクセスが常につながり続けている状態にします。

みかこ
帝王学の立ち位置。

ジイジ
私は公のものであるということの自覚を持ちます。私は天の意志の下にあるということを自覚します。あなたと共にあるということを自覚します。

みかこ
あってあるもの、なきてなきもの。

ジイジ
そうだね。

みかこ
そうだよね。潜象界も現象界も含む法則をつかさどるもの。

ジイジ
それを感じ取れないものがいくらそれを語ってもしょうがないわけだよ。それを感じ取れるものだからこそ、初めてその存在が生きた形で表れてくる。

みかこ
ジイジだ。

ジイジ
ああつながったな。これを個人的な境地とせずに…。ああ、そうか、万物はその位置をとっているからこの宇宙秩序が保たれている。人間が外れているだけなんだよ。

みかこ
万物は悟るということ自体がいらないんだね。天然循環の法則の中にいるから。

ジイジ
そうだよ。それを天然循環という。わかりました。わかりました。そこへ意識を向けて、向けて、向け続けて、そこのアクセスをつかみ取る。これは怠けていてはできないぞ。
最近、物理的なターニングポイントが近づいていると思うんだよ。つまり、物理的なターニングポイントは、我々も年齢と共に変わっていく。そうすると68歳になり、69歳が近づいてきて70歳が近づいてくるように、物理的役割も変わっていく必要がある。今まで次のビジョンに向かうときが見えてこなかったんだけれど、今、次があるということがわかってきた。

みかこ
ジイジは60歳で生前葬をして、そこでも役割が変わったけれど、次の70歳に向けて、70歳から80歳にかけての役割があるはず。

ジイジ
そのための準備をしていこう。最終章を迎えるのだから。
わかった。たくさんわかった。観えてきた。
そうか、あの子供達にはこれが通用する。そういう子供たちが、今、生まれてきているね。最近、孤独を感じることが結構あったんだけれど、時代がターニングポイントを超えて、それを知る者たちが現れて来たから、これからは孤独ではなく、その群れを形成して歩んでいくことが可能になってくる。木の花も本当の群れになるということか。
さて、今の古いメンバーたちが、どこまでそこを現象化し、次につなげるか。これは、導かれてなるものではなく、自覚の下に成し遂げるものだから。

みかこ
それが個の花が咲くということだね。

ジイジ
そうだよ。一人ひとりが自覚をもって自分自身の役割分を成し遂げないと。それは、与えられて達成出来るものではない。

みかこ
あ、孤独(コトク)の次は届く(トトク)だね。コの次はトだから。意識がそこに届くということだ。

ジイジ
孤独になったからこそ、その孤独のハードルを超えて次の何かを求めるわけだよ。孤独を体験しないと、これでいいと思って次を求めないのだから。肉体を超越した存在としていずれそこへ行くのではなく、帰るのだから。我々は、元々そこから来たのだから。

みかこ
そこで生まれて、そこへと帰る♪ 人は忘れてしまうけれど懐かしい♪

ジイジ
そんなに深い意味が込められてたのか。あの歌は理解して創ったのか?

みかこ
理解してというか、ジイジがロータスランドをつくるときに、コンセプトとしてそういうことを言っていた。

ジイジ
そうだな。きっとそう言ったんだろうな。

みかこ
深いところでは理解していたかもしれないけれど、そこまでの理解のもとに書いたわけではない。そこから出てきたんだよね。ええここはどこだろう、という懐かしい場所。

ジイジ
歌の意味が深くなったな。そうかロータスの歌か。

みかこ
ロータスランドの企画書を作るとき、それがテーマだった。確か深夜に目が覚めてジイジが天からのメッセージを語った。

ジイジ
そうか。あの不良品たちがうちにいるだろう。あれを何とかしてください、と言ったら、あれは糊であると天は言うんだよ。我々と何か(道)をくっつける糊であると。それで、糊というものは、そのもの自体は必要としない。しかし、それがあることによって、あるものとあるものがくっついて新しい役割が果たせるものができる。だからとても必要なもの。糊は使ってしまえばその存在は不要になり、存在すら忘れられる。しかし、そのものの働きは、糊によって維持されるわけだよ。だからとても重要なものでもある。
例えば、問題ごとが起き行き詰った状態をどう捉えるかということも、それが問題だと思えばそこからレベルアップするためのきっかけになる。しかし、その現象を通り越してしまえば、問題事があったことすら忘れてしまう。なぜその繰り返しの位置にいるのかといえば、振り返れば、繰り返しの問題ごとがあったからといって、その者はその位置にその性質をもってあり続けている。これはわかりやすい分析で、もっと多彩なメッセージがそこに隠れていると解釈すれば、不要なものは何もないという解釈の延長にある。
これからは、さらに精神を集中し、魂を込めてやる役割が訪れる。それは物理的疲労を伴うものであってはならない。それは覚醒の下に行われることだから。物理的エネルギーはきわめて使う必要がない。つまり霊的柱が立ち、霊的な現象化が霊的柱の下に現象を引き起こすことだから。そして、その流れはフリーエネルギーによって創られる。
よしよし、合点!なんだかわからないけれど、やっとこの場所まで来た。これをやり遂げて次のビジョンへ行く。これを我々の存在の証として、この星に置き土産として残していかなければ。

みか子
そうだそうだ、合点!個人的な問題というレベルを超えたものだね。

ジイジ
もう一度、木の花憲章をみんなの前で読み上げて検証することをやらなければ。あれはまさしく、我々の遺言であり未来への宇宙からの予言だから。
たしかに今、宇宙的ターニングポイントが来ていることをひしひしと感じる。
それを感じるものとして、それは責任ある立場ですから、それを自覚して生きていきます。いつもどんな時もあなたの存在の手を感じながら、それを感じられ、あなたと共に歩む位置にいるわけですから。

 

朝起きる前に見た夢の話

ジイジ
自分の周りに、庭木のような木がぼうぼうに生い茂っている景色が現れたんだよ。それを一つ一つ生い茂っている枝の元の方から切り落として、すっきりさせていく。その中に、一本だけ背が高く枝ぶりがよく、周りを見下ろしている木がある。その木は、この状態で残しましょうという、どこからかの意図が働き残したが、あとのものはみな短くした。結構元の方から切りこみ、この機会にさっぱりしましょうという感じで切っていく。株は残すが、ほとんど切ってさっぱりしてしまった。思い切りよく、気持ちよく。その作業を丁寧にやっていたので、結構時間がかかり、こんな時間まで眠ってしまった。

みかこ
お務めご苦労様です。それはとても意味深い夢だね。

ジイジ
そこで一本だけ多少下の方の枝は払ったが、全体が大きい木をこれはこのまま残しましょうといい、庭の植物の総意で残した。そのイメージで、大鹿窪の家の庭を実際に表現しよう。

みかこ
でもこの夢はもっとスピリチュアルなものだね。
ジイジはよく人間の業を生い茂った木の枝や木の実に例えるでしょ。以前私に、「あなたは業がたわわに実った状態」と言っていたし、子供でもわがまま放題に伸ばした枝を切り払ってやった方が、本人が楽になるとよく言っていた。
その夢からは、人間の業の枝葉を切り落としているというイメージが浮かぶ。

ジイジ
それが何だか、意味はわからない。

みかこ
そこには、一本だけ天に通じる木があるんだね。それは残して、それ以外のものは、根っこは残して切り払ったんだね。

ジイジ
そのイメージからは、一人の人の人格を表していることも、人生を表すことも、そして、地球生態系も太陽系も銀河も表していることがわかる。

 

 


新たな時代に生きる人々の目覚め

深夜2時過ぎ、ジイジが見えたビジョンを語り始めました。


 

ジイジ:
今、たくさんの花飾りをつけた神様がおいでになった。観音様かと思ったが、観音のような繊細な顔立ちではなく、おおらかな丸い顔立ちのその方は大日如来だった。
大日如来は銀河神であり、僕の守護神。つまりそれは、神道でいう天之御中主のこと。

七色の光の柱がこちらに向かって降り注いでくる。広大な世界に余すことなく降り注いでいる。その虹色の光の柱のいたる所に、ラメのように光り輝く金粉が、宇宙空間を漂いながら虹の柱と共に降ってくる。全体が巨大な光のシャワーのように流れている。そのシャワーが眉間に降り注いでくる。
そのシャワーを浴びていると、何があっても生涯この役割を果たし続ける、という決意が湧いてくる。

(ジイジしばし深呼吸の時間が続く)

ジイジ:
なるほど、面白いね。今まで、光とは一直線に飛ぶものだと思っていたが、綿のように塊になっている。そしてその綿のような塊が発光している。それが光の実態なんだよ。我々は光の源から発せられたものしか見ていないから、光というものは一直線に進むものだと思っているけれど、光の発生の元は綿のようで、入道雲のように、もこもこもこもこと増殖し、それが光源となってそこから発射されるんだよ。つまり発光源は核融合のようなプロセスを経て光を発する存在となる。それが、光が発生する原理だ。無から有を生み出す原理は、核融合なんだよ。
光のイメージが完全に変わってしまった。これは、光の種を持てというメッセージなのか。そうすると光を受けるものではなく、光を発するものになれるということだ。その素質はみんな持っている。一人一人の中に光源があるから、そのスイッチが入れば、光を受けるものではなく発するものになれる。

みかこ:
それが目覚めるということかな。

ジイジ:
その目覚めは、過去に人類が目覚めてきたものとは異質のもので、生命の本質に目覚めること。宇宙の根源に目覚めるということ。

みかこ:
過去の目覚めはどういうものだったの?

ジイジ:
それは、ものの仕組みとか道理に目覚めることであって、それを悟りという。悟りというのは低いレベルから高いレベルまで、たくさんあるものだけれど、僕が今言っている目覚めは、根源にスイッチが入れば、心の核融合が始まるということだよ。だから今までとは異質のものなんだよ。

みかこ:
照らされる側から照らす側になるんだ。

ジイジ:
つまり自分に内在する宇宙にスイッチが入ったということ。

みかこ:
いわば、太陽に照らされていた惑星のような存在から、自ら輝く太陽となって、銀河の一員になるということだね。

ジイジ:
それでこそ、初めてセントラルサンの命(めい)が果たせる。

みかこ:
そうだね。直接セントラルサンの命(めい)が受けられるものになる。

ジイジ:
だから、光を受け取る側から、光源となることが大事なんだよ。光に照らされて真理の明かりを見るのではなく、真理の光を発する位置に立つことが、今までの人の悟りの道の奥にあったということなんだよ。
この肉体の器に入っていると、そのことを理解するのは難しいけれど、肉体から魂が解き放たれれば、その魂に相応しい次元に存在することになる。だから魂が何者であるかが大切なのであって、肉体の中にいる限りは、肉体の世界の限界の枠がある。だから、中にある魂の意識レベルが問われるんだよ。

(ここで、四拍手する)

これは宇宙創造の原理だから、気楽にやっているけれど、この宇宙の創造原理を理解して生きるということは相当な精神レベルにあるということだ。そこまでわかると、いろいろなことがどうでもよくなる。そして、わからなくても行ける人にならなければいけない。

 

 


この世界は無限の対向発生の連鎖によってできている

-早朝4時に目覚めて-

いさどん:
目が覚めたのには、理由がある。理由を探ろうと思って下に降りてきた。
それを素直に表現すると、これからますますユニークな生き方を実践していく。それは特定の価値観がモデルとなって世の中全体がそれを追いかけていくような、これまでの流れとは違う。ある意味独創的で、そこに湧き出すものは、斬新でオリジナル。それは世の中の流れが終焉を迎え、新たな時代に切り替わる証として我々の生き方がある。それは独創的だから、モデルがない。モデルは自分たちがなる。だからこれまでの時代が終焉を迎え、次の時代につながる何かを生み出していくだけの能力が常に我々には必要だが、それは努力して積み上げるものではない。これから切り変わっていく先にそれがあるからこそ、今、古い価値観が壊れていく。だから努力することなく、感覚的にそういった生き方を呼び覚ましていく。もしくは呼び覚ますとき、自らの中にその知恵を問うていく。
それには、常にどの分野においても対向発生的な関係が出来上がる必要があり、その延長に様々な個性が存分に表現されていく。そのためには、そういったことを強く意識していくだけの決意ある心作りをしなければならない。
その決意は個人的なものではなく、対向発生を基準とした、二人から始まる集団的意識の連鎖。そしてそれは情を挟まないものでなくてはならない。情や欲の延長の損得勘定を挟まない関係でなければならない。そういったものを挟むと純粋さが失われ、その新たな指針となるべき方向性が湧いてこない。

ここからは天の方に意識を向けてメッセージを引き出す。
現代の人間の意識レベルでは、時代が紡がれていくときに、人はその中で自らのサイクルを寿命として表現し消えていく。そのときに、たとえば藁一本の長さに限界があるように、個々の生の一本一本が複雑に絡みあって縄となり、そして時代が刻まれていく。
この時代に生を受け生きることは、それまでの過去の因縁のつながりの上に生を受け、そして自らの生をそこに絡めて表現することであり、それによってその後に役割を担う生に役割を絡めて渡すということでもある。
途中にある藁の長さが、個々の役割の範囲であるゆえ、その者はその範疇でしかものを見ない。しかし、そのようにして縄が未来へつながっていくことゆえ、今こそ過去から未来への縄の構造を理解し解釈しなければ、時代はどのような意志をそこに表現しているのか、自らが何の目的をもって生を受けているのかわからない。そういった大局に立ったところで世界があることを理解しなければ、人間がこの世界に存在していることの目的を果たすことはできない。
その時その時の状態に振り回され、自らの役割の範囲を表現するだけであるならば、この世界が過去から未来へ永遠に続いていくことの根本の目的とはずれたレベルにある。だから現代人のような自らの命の糸の範囲でしかものを捉えないのでは、この世界がなぜこのように紡がれていくのかが観えないので、その意志を受けとって生きていくことにはならない。
そうすると、世界が我らのためにあるというような錯覚にもなる。本来、世界はある場所や時を区切ってその特定だけにあるものではなく、連綿と続く生の絡み合いが過去から未来へ紡いでいくものである。
それを理解し、表現していく段階に今、人類が来た。そこには個の目的はないとも言えるし、ひとつひとつの生に焦点を当てれば、個性的な個の目的もあると言える。しかしながら、それは個々の自我を満たすものではない。個性があり、役割がある=自我を満たすこととは違う。その構造が人間にはわからないがゆえに、次の時代へどうつなげていくかということを今の人間は見出せない。それは今までの手法に囚われているからである。それは今までの手法を手放し、新たな視点を受け入れる姿勢で時の一瞬に立ったとき、時が教えてくれる。しかし、まっさらで純粋な状態になれないならば、その先の道は湧いてこない。

ここからまた、地の方に意識を戻して語ると、このユニークな生き方が自らの願いや意志では湧き出してこないということは、生きることの目的がそういった個人的なものの意識レベルを超越しているからこそ、生きることに対する願いがないのである。
それは、目的を捨てる、考えを捨てる、自我を捨てるということ。そのように生き、生に寄り添うならば、自ずとやるべきことが湧き出し、明快に歩むことが出来る。とりあえず今、僕とあなたの組み合わせでこの話を伝えるのは、この関係をもってその指針を生み出し、それを確立し示す。改めてこれを語るのは、今までのこの歩みに対する姿勢がこれから来るであろう歩みには十分であるとは言えないからである。それは、もっと凛とした姿勢で臨まなければその役割は果たせない。あなたには十分にその役割を引き受けて果たす意志はあるとみるが、その姿勢はまだ不十分である。どちらにしても道なるものを降ろし示す役割ゆえ、純粋であることはもちろん、自我におぼれることなく、その決意はふさわしいものでなくてはならない。この道を歩むものの常として見本はない。そして、理解者はない。理解する者たちは我々がその与えられた役割を果たした後に、その段階をもっておいおい現れてくる。前もっての理解者はいないと思え。
ひとつだけ心配はいらぬことがある。それは約束の道ゆえ、これを歩んで成就しないことはあり得ない。そこに迷いが生ずるとしたならば、自我が迷いをつくるだけである。極めて簡単なことだ。しかし、自我があるものにとっては難しい。今や、この時を迎えると、この現象の世界にあるものたちは全て亡者とみなしてよい。

分かった。なぜこの早朝に目覚め、あなたに語り出したのか。今日はひまつぶしメニューのコンテストの日。それも新たな時代の流れの現れ。そこでこの姿勢を示す。難しい話をかみ砕いて話す。その精神の上でアルゼンチンでの会議に使われる、次の時代を示す経済プレゼンを仕上げてもらいたい。マスコミの話を聞いていると100%お金の話ばかりする。
では、お金の話ではなければ何につなげたらいいのか。それは絆、真心。「マココロ。」
「ココロ」とは、繰り返し(コ)、転がり出た(コ)、うつろなもの(ロ)。これは宇宙の創造原理だ。

みかこ:

「金の世は済みておる」と金神様は言っている。

いさどん:

「金の世は済みておる」と金神様が言って、これだけ世の中が金の話一辺倒になるということは、末期症状ということ。

みかこ:

お金でうまくいく世の中は終わり、次の時代へのつなぎの時期ということかな。ということは末期症状ということか。

いさどん:
お金の次に何が来るかといったら、マココロ。そして命の絆。命の絆というのは作る必要のないもの。それはもともとあるもの。宇宙の根本原理。
絆は「キツナ」か、「キスナ」か?
「ス」なら「元のエネルギーが発生し(キ)、継続し(ス)、質的転換する(ナ)。」マココロと一緒。

みかこ:
そうか、宇宙の原理がこの世界に現れると命の絆になるんだ。

いさどん:
「ツ」なら「発生したものが(キ)、集い(ツ)、質的転換をする(ナ)。」
その絆の元の原理は、対向発生。今、この場は対向発生している。
この世界には無限の対向発生があり、その連鎖によってこの世界はできている。向き合うことを拒否するから、事が成らない。北朝鮮もどこかの国と対向発生すればそれでいいのだ!

みかこ:

相手を求めているんだね。単独で空砲を打ち上げている状態だものね。

いさどん:
それはむなしいよ。

みかこ:
相手をする国が現れれば態度が変わるかもね。

いさどん:

そうだね。

みかこ:
寂しいんだ。

いさどん:
そう寂しいんだよ。なぜならこの世界の根本原理は対向発生だから、自らのアクションの受け皿がなければむなしくなる。そこで、地に受け皿がないものは天と対向発生すればいいんだよ。そこではエゴに独占されているものは対象とはならない。個と個だけではなく、個は集団と対向発生することもできる。

みかこ:
天と地の対向発生もあれば、地のもの同士の対向発生もある。

いさどん:

だから、個と集団との対向発生もある。

今ここで理解するべきことは、あなたと僕には対向発生による役割があるということ。ただ、今までの姿勢では不十分なところがある。だから、もっと凛としなさいということ。そうでないと、滞ったり事が成らないだけではなく、動きや流れが悪くなる。さらに、精度を上げよ。これからは、それぞれの役割を果たすためのパートナーシップの対向発生の精度を上げていくこと。

みかこ:

しっかり受け取ります。凛とするとはどういうこと?

いさどん:
凛とするということは、しゃんとすることだよ。

みかこ:
一本柱を通すということか。

いさどん:
「リン」とは、分離する(リ)ことを強める(ン)ということ。それは自立するということ。

みかこ:

しっかり立てということか!明快だね

いさどん:
そう。でないと対向発生にならない。

 

Source of photo:www.aritearu.com/Life/Sky/Hubble/NGC2207.htm