いずれまた あなたのもとへ

私はいつも意識があなたの方を向いていることに気付きます。それは、私がこの世界に存在することの原点を感じるからであります。そのあなたを感ずる私の力は微妙なものであります。私が肉体的意識をセンサーにして生きれば、あなたの存在を感じることは難しいものですが、たびたび意識の隙間からあなたの存在する世界にセンサーがアクセスすることがありますので、存在を感じるのです。私はあなたの存在を感じたとき、不思議な気持ちになります。それは私の存在する世界で、どのように喜びを発掘しようと思っても得られないものです。そのあなたのおいでになるほうに意識を向け、あなたの存在の息吹を感じたとき、なにかしら言いようのないすべてのふるさとのように感じられる響きの世界があることを感じ、私が存在するこの現象世界で得られるであろう喜びのすべてを超越した満足が、そこにあることに気付くのであります。

ですから、私は時々この世界にいることを空しく思い、そしてあなたの方に旅立つことを望むのであります。どちらにしても、あなたのもとから来た私にとっては、いずれまたあなたのもとへ還るのですから、私は十分に満足なのです。

毎日、瞬間瞬間の時の旅を留まることなく永遠に歩んでいますが、この永遠は私個人の体感する枠の中では有限なのです。私はそのことがわかっているので、永遠に続くように思われるこの現象世界の中にいても、至福の心を持ち続けることを可能にするのです。

私は赤子のように物理的なすべてを取り去って裸になり、霊的にすべてのこだわりを取り去り魂だけになったとき、この境地に浸ることの喜びに至るのです。

 


2022年は「カオスの幕開け」~ 星の意識との対話より

2021年冬至の日の、ジイジと星の意識との対話、そして、それを受けての木の花ファミリーメンバー達との会話をご紹介します。

*星の意識とは
私たち生命は、現象世界において、物理的肉体の成り立ちと霊的な生命の成り立ちを並行して稼働させながら、日々を生きる構造になっています。物理的人類が観察できる地球上から宇宙までを含めた世界には、物理的には見えない霊的法則が反映されているからこそ、その巨大な世界が保たれていると言えます。ですから、私たち一人ひとりが、霊性を織り交ぜた物質生命として存在しているのと同じように、万物が相似形で成り立つこの世界では、星々もまた、物質性と霊性が織り交ざって存在していることは容易に想像できます。ミクロからマクロまで、大小様々な存在がそれぞれの宇宙的ポジションにおいて霊的な意識のもとに存在しており、私たち自身の霊的意識を鋭くすることで、それらの存在と霊的な対話をすることが可能となります。以下にご紹介する会話は、シャーマニズムと言われるような霊的体質が鋭いメンバー、ピッピが感受する星の意識と、ジイジの宇宙的意識との対話によりもたらされたものです。


ジイジ:
天は、「僕と同じような役割をする存在が地上にいる」と言っていたけれど、実際にはそんなものはいないのではないか、と最近は思う。みんな視野が狭い。ロケットを打ち上げて宇宙へ行ったと言っても、宇宙全体のスケールからしたら、それはほとんど地球の表面でしかない。月へ行く事も、地球の一部に行くようなものだ。宇宙に行くと言ってもその程度の事しか、人類はまだやれていない。それでも今は宇宙時代だという。人間は、地球の引力を定めにもらっている。それはなぜかというと、肉体は物質だからだ。つまり、そのことで想像できるメッセージは、「地上に留まり、何かを表現しなさい」という事だ。

ピッピ:
さっき、ジイジは『自分と同じような役割をする魂が他にいないのではないか』と言ったけれど、星の意識は、『いますよ』と言っている。

ジイジ:
そういった存在とそろそろ連携することを求める。

星の意識:
その存在とは、会わないようになっている。隠してある。

ジイジ:
という事は、今のところ、その魂たちは表に出ないようにしてあるということか。

星の意識:
それぞれ役割があって、必要な時には会う。

ジイジ:
そうであるとしたならば、縁があって集うという事は天の采配だとして、ここに集っている者たちはそれぞれ役割があるというレベルの者なのだろうか?

星の意識:
ここにいる人々は、一つの身体的なものであり、あなたの役割や、その他の隠してある役割のようなものとは、別のものです。

ジイジ:
そうであるならば、私の役割は精神を生み出す役割であるとして、他の者は身体で言うと、色々な部位を表現する役割であり、頭脳や精神の役割は一人だけでよいという話だろうか?他の者に頭脳の役割をすることが困難なのだろうか。そうであればこの集団の肉体は、本来は頭脳のままに動く筈なのに、よほど不便な肉体ということになる。肉体のような頭脳のままに動く機能を持って、各部位が自己主張したり怠けたりせずに、一つの生き物のように動いて、全体が機能する事を目指す。そういった姿を人間たちが目指す理想としたい。

星の意識:
あなたは、人間の身体に例えていますけれど、一つの例として人間の身体という事で例えるのは理解できますが、先ほどあなたからの投げかけによって私が答えたのは、そうではなく、小さな細胞の一つが例えば何かの目的の為に集まり、その寄り集まったものの集合体が、変化変容を起こすタイミングで変化し、それが何に変化するかは未知数のものであるという事です。

ジイジ:
解る。そちらへきたか。(天からの視点の違いを痛感する。)

星の意識:
いくつかの可能性がそこに秘められていて、それを私たちは観ているのです。

ジイジ:
模索しているということか。そうすると、この取り組みは人間の身体の機能のような、もしくは生命の身体の機能のようなDNAのようなもので、方向付けられたものではなく、ある意味大いなる宇宙実験のようなものであるという事か。

星の意識:
ある程度の方向付けは、されています。凝り固まったものではないという意味です。

ジイジ:
解った。自由があるというか、可能性がそこには秘められているという。

星の意識:
そうです。

ジイジ:
そうであるならば、一つの提案のようなものとして、地球の現状を考えると、どういう風になったらいいかという決定事項を持っているつもりはないが、人類が将来滅亡するとか、さらに地球生命が大絶滅するとか、そこに繋がる可能性だってある。人類の行いが原因にならなくても、他のいくつかの要因によって生命が絶滅する可能性もある。単なるネガティブな意味で憂いているのではなく、今の地球の状態や、人類の目覚めの現状からすると、できれば、善き事の方へ行くようにと考える。善き事の方というのは、宇宙が創成された地点に向かい、それを目指して還ろうとする動きを元にして、このように考える。

今その事を語りながら想うのは、地球上でどんなに殺戮が起きようと、人間自身が自滅していこうと、長い地球上の歴史の中では、それはある意味過去にそういった事が起きたというだけの事であり、何かに到達する為の一つのプロセスに過ぎないという事か。つまり、宇宙法則や大いなる魂を神と呼ぶならば、神の導き給うプロセスや思惑というものはないのだろうか。

星の意識:
その大いなるもの、私たちの親である「神」と呼ばれるものは、あなた方人間の言い方でいう親のようなものです。私たちは、その未熟な子供達が目覚めるように、いつも見ており、その子供がどのようになっても、ある意味大きな手の内にいるものとして観ています。

ジイジ:
その手の中は、常に可能性で満ちている。

星の意識:
例えば、一つの色を作る時に、ある程度混ぜる色の予想を立てて選びます。いくつか方向性を立てて作り出します。それは作る時に、いくつかの方向性を持たせて作り出されていき、それを元に揃えられたり、作り出されているので、そこには、目的のようなものがあるわけです。ただ、それが結果、どのようなものになるのかは限定されていないのです。

ジイジ:
それは私の地球上での生き方と同じです。

星の意識:
あなたと同じだと思います。ただあなたと私たちの違いはというと、あなたはジレンマというものを持っていて、私たちは持っていないという事です。

ジイジ:
なぜ私がジレンマを持っているかというと、この地球の物理的、霊的現状を観るからです。

星の意識:
それは、仕方がないのです。理解できます。それはそうでしょう。

ジイジ:
宇宙視点というものを自らが語りながら、ジレンマを持たない立ち位置にいけないでいる現状にあるにも関わらず、そういったジレンマ的要因を観て行くということは、地球上で起きている色々な問題点も大いなる親心のように観ていくべきですか?

星の意識:
いいえ。あなたが足りていないという意味ではないです。要はあなたはそれを持っているのですが、私たちと違いがあると言ったのは、足りないという意味ではないのです。

ジイジ:
立ち位置の違いか。

星の意識:
そうです。違いがあるという意味だけです。その違いは、必要なことでもあるという意味です。

ジイジ:
そうですね。大いなる精神に則って、ただニコニコしていたら、何の役割もできない。

星の意識:
それがないとあなたの役割はできないのです。

ジイジ:
ということは、今の私の立ち位置も、役割として必要な事ということか。若い人たちに次の役割の期待をかける事は、ジレンマがあるからそうするのであり、なかったら「なんでもいい」という事になります。

星の意識:
その事に対する一つのポイントを伝えますが、あなたに不必要なジレンマが起こっているとは思わないでください。

ジイジ:
解ります。

星の意識:
この時代や現象の中に、それが必要で起こっているという風に捉えるべきです。あなた個人のものではないのです。

ジイジ:
解っています。私はそれを個人のものとは捉えていません。ただ、それを情報として捉えた時に、憂える心があるので、このように申し上げているだけで、だからと言って、中国の指導者たちのように人間的力や立場を使って、それで何かを捻じ曲げ、自らの思惑へ持っていこうとはしていません。あくまでも個々の目覚めを促している立ち位置にいます。

星の意識:
あなたが感じているジレンマと呼ばれるものも、私たちは情報として記録しています。

ジイジ:
その状態は、私の立ち位置に特別に発生するものだと思っています。

星の意識:
それを元に次なることがまた、判別されて行きます。

ジイジ:
そうすると、「このままで続けなさい」ということか。つい二日前に木の花祭りの花宿について、現状で進めて行こうと提案したことや、コロナワクチンを打つことに対して、世の中の流れに沿っていこうと決定した事と同じ事になる。

星の意識:
そしてあなたの他にもいくつかの役割は降りています。ただ、それが解らないようにしてあるのです。

ジイジ:
昔、山田有子(スミコ)さんに出会った時に号泣したけれど、あの出会いは何だったのか。そういった存在と出会いたい。
(ジイジは39歳の時にシャーマンの女性と出会い、その女性は人格的には不完全な人であったけれど、一般的な物理的出来事を背景とする価値観だけで物事を見る世の中で、霊的な存在に出会ってしまった人の持っている孤独を互いに確認し合った。)

星の意識:
肉体がないところでは出会えています。

ジイジ:
ですから、肉体を返上することにどこかで憧れるのです。

星の意識:
あなたに時々会いに来る者たちは、肉体がないから自由に会いに来るでしょう?

ジイジ:
そうでした。どうも失礼しました。

星の意識:
現象界を生きる現状の人間の意識では、それは難しいことの方が多いのです。

ジイジ:
そうですね。対象の数は78億程いますが、全ての人々に、その目覚めの可能性はあるのです。

星の意識:
物理的な数の問題ではなく、現象界で出会うという事は、そこで現象化が起こってしまうので難しいことがあるのです。

ジイジ:
流れのままに物語を遂行する時に、そこに特別な場が出来てしまうと流れが歪むことがある。

星の意識:
そうですね。特別な役割を持ったもの同士が出会うと既に完成している為に、現象に影響を与えてしまうとそれが意味をなさなくなる事が起こりうるので、それは、現時点においては、出会えないようにしておく必要があります。

ジイジ:
大変、勉強になります。今気づいたのですが、この憂える心が時々波のピークのようになった時、この心を持って投げかけることがこの叡智をいただくチャンスとなるので、やはり憂えることは必要だということでもあります。あなたたちと通じる為にも。

星の意識:
そうです。それは信号のようなものの波動、パルス(極めて短い時間だけ流れる電波・メッセージが秘められている信号)のようなものです。波に強弱はあります。そして、その強弱によって起こるべき事柄が発生してきます。地震や津波でも被害が起こる時もあれば、起こらない時もあります。それによって人々の心に変化が生じる時もあれば生じない時もあります。受ける者の位置によってもそれは違います。ただそのように揺さぶりが起こるようにこの世界は創られているのです。

ジイジ:
それと、その揺さぶりに敏感に反応する者もいれば反応しない者もいる。

星の意識:
そうです。その者の位置、目覚めにもよります。

ジイジ:
ありがとうございます。大変参考になります。心をきちんと保っていく為の微妙なコントロール操作に役立ちます。ありがとうございます。ピッピ様。役割ご苦労様です。

ピッピ:
いえいえ、ありがとうございます。

ジイジ:
魂は、今縁があって出会っているとも言える。しかし、若い人々は、あんなに固くない。集い語り合え、語り合うことから真理が生まれる。これは天から示された言葉だ。このコミュニティは、リーダーシップを誰かがとって引っ張っていく場所ではない。そうすると宗教になってしまう。そこで自らの役割や性質を活かし、お互いを生かし合う為には、語り合わなければいけない。「集い語り合え、語り合う中から真理が生まれる」という。そういう風に物事が、より円滑にスムーズに調和的に進む為には、「集い語り合え、語り合う中から真理が生まれる」という事すら一方的に聞いていく場所になってしまわないように、誰もが大いに語り合え、そこにこそ真理が生まれる。それぞれに個性を与えられているのだから、智恵を吐き出すものもいれば形で表すものもいる。そこはネットワークしていけばいい。よろしく。日頃思っている事、こんな事を思っているという事を発表する場になればいい。

ピッピ:
日常で起こったことをそのまま正直に言い合ったり、シェアしたり、そしてまたみんなの意見を貰ったりすること。

ジイジ:
そして、全体が醸し出す一つの響きとしての流れを創る。そういったものが場の柱となっていく。

ピッピ:
日常と一緒だよね。特に大人ミーティングの場所だけでなくて、いつもそうなっている。そして大人ミーティングでは、さらに洗練されたものを持ち寄って、ジイジの高い視点が入るからもっと高められる。

ジイジ:
みんなにもその視点が入り、気付きとして、これか!と解るようになる。

ピッピ:
全体で確認する場だものね。特に日常の方が頻繁に活性化してやりとりが行われる。

ジイジ:
相性の良い関係の場合、こちらから「どう思う?」と切り出したことが「それ丁度欲しかった」となり、受け取って完結する。相性が良くない場合、こちらから切り出したものに対して「それはあるから要らない」となり、協議をすることで、その余ったものをどこへ持っていくべきかというような調整も必要となるわけだ。沢山話し合って調整しなければいけない関係もあれば、何もしなくても、表現しただけですっと収まり、あうんで完結する関係もある。

ピッピ:
業(カルマ)や我が強いと、自分の中の狭い固定されたものでいっぱいになってしまっていて、外からのものが入らない状態になる。

ジイジ:
カルマか。それはそうだ。人間はカルマの垢を持ち過ぎているから。人の表情を観ていると、強いカルマの存在を感じる時がある。とてもきれいで、そういったネガティブさを感じられない人もいる。しかし、きれいだと、汚れの中にいると激しく汚れる場合がある。汚れたら、それこそ心の風呂に入り、きれいにしないとこびりつく。常に磨いていく事を課せられているという事が、そういった純粋な思考を貰っている証となる。
それらを紐解いて、こういった方向に進めば良いという取り扱い説明書はできない。そこで取り扱い説明書を作ってしまうと、人生の方向が決定されてしまう。地球の未来もそうだが、最終的には宇宙の未来すら、カオスなのだから。
これで解った!(メンバーの)ゆうこは、僕といる時には「ジイジゆうこ」になるが、母親と一緒にいると「おっかさんゆうこ」になる。つまり、僕といる時には、ゆうこの中ではジイジ的思考が優先する。しかし、母親と一緒にいると、そのカルマが優先しておっかさんのDNAが表れてくる。

星の意識:
そうです。家族からのカルマの伝承は大きな影響をその人に及ぼしますが、赤ちゃんの時におなかの中で変化したり、生きていれば顔も変わったり、どの部分がその存在に出て来るかは、遊びの部分として表現されています。

ジイジ:
それではカメレオンのようだ。肉体と比べて心や魂というものは、カメレオンのように常に変化し、現象に影響を与えているということだ。

星の意識:
それが無意識下で起きてしまうコントロールできない状態もあれば、人間がコントロールできる意識レベルもあります。魂のレベルが、コントロールして出せる意識にあれば、むしろそれは善き事のため(ポジティブ)に使えるものです。

ジイジ:
解る。そういう事だ。そこである程度コントロールできるようになるためには、構造や性質に影響を受ける自らの取り扱いをマスターする必要がある。ただ湧いてくるものに翻弄される状態では、今の世の中の人たちのように乱れたり、荒れ狂ったり、命を絶ち切ってしまうような行為にもなるのだろう。

星の意識:
人間たちは、科学技術、AI技術のような、機械的、物理的なものを発展として捉えていますが、それはとても小さな領域の現象の一部に特化した事であり、本来生命の進化とは、精神の進化に真の目的があるわけです。ご存じだと思いますが。

ジイジ:
解っていますが、そう言われるとなお、確認できます。我々生命というものは、肉体と魂がセットとして成り立っており、それを誘導するのは精神の方です。

星の意識:
過去にもその事に気づき、目覚めた覚者がおり、そして同時に、それを理解しない者たちもいましたが、現代では、人間が進化と捉えている、私たちが捉える狭き視点が有象無象にあり過ぎて、本来人間に与えられた真の目的である精神の進化への道に気づき、歩む者が非常に少なくなっています。

ジイジ:
物質的には多様な世界に行きついたが、精神的には大変狭い状態に陥り、凝り固まっているということだ。幅が狭く凝り固まっているから、多様な現象に対しても同じような反応を示し、世界に大らかさが失われた。

星の意識:
一定期間地球にある種の振動が続き、そのサイクルが続いていく中では、物理的なものに埃が溜まっていくような状態となり、重たくなることにもなります。

ジイジ:
上手い事をいう。精神的な意味ではカルマの蓄積という事だ。

星の意識:
そうです。ですから当然そういった現象が起こりうるわけです。その中で、自らの意志により魂をクリアにしていける者が現れるのです。それが本来の進化、我々が望む目覚め、真の進化なのです。その中で差が生まれ、選り分けが行われていきますし、そのように埃が溜まっていくことにより、結果的にクリアなものが発生していく仕組みなのです。

ジイジ:
その言葉を聞きながら、既にそういった存在が現れて来ていると思ったのですが、それはあなた方が派遣しているのか、もっと大いなるところの意向として派遣されているのか、どうですか?

星の意識:
派遣されているのではなく、先ほども言いましたが。

ジイジ:
自動的に発生しているのか。

星の意識:
そうです。ある目的はありますが。

ジイジ:
そういう構造をしているのか。そうか、宇宙が自動的に生み出していたのか!

星の意識:
そうです。何か一つの可能性しかない目的を持って創られているわけではないのです。

ジイジ:
そうか。解った。目の前の霧が晴れたように。

星の意識:
愉しみでしょう。それが行われるのが。

ジイジ:
いやいや、説得されてしまった。そうすると、それが宇宙の実体で掴みどころがないとも言えるけれど、掴みどころがないところの可能性がいかに愉しみであり、大いなる仕組みであるのか。奇妙に何か約束されて安心するのとは違う可能性の偉大さや歓びが、そこにはある。

星の意識:
でも、あなたにもそれを与えたいと思う心があるでしょう。私たちと一緒です。

ジイジ:
ただ今、私は不自由なのです。それは、肉体を持っているからです。ジレンマ故に肉体を返上するという事も浮かぶのですが、それは本当にすることではなく、いつかそこへ還ろうと郷愁を感じているだけなのです。しかし、身近に派遣されている者もいる。確かにそういった配慮を感じている。湧き出してくる者を身近に知っている。そういった会話を、このようにして地上の者と出来たらいいと欲のように思うけれど、まだその存在は幼い。今はそういった会話はできないけれど、『バナナ欲しい』とは言って来る。その存在は、当たり前にそのように語る一言に、人を動かす力を秘めている。

星の意識:
先ほど言った隠してあるカードに関してですが、それに対してイサナという者は近くにいる者です。それは偶然とも言えるし、必然とも言える、あなたの近くにいる、近い者です。

ジイジ:
それは、生きていく為に必要な長い間使う道具のようなものを、少し不自由だから、与えられたようなものです。

星の意識:
この世界には、あなたとは全く違う役割をする為に隠されている者もいます。それは比べるものではなく、どれも必要なものです。同じように隠されて現わされています。

ジイジ:
いや、参った。僕は内に秘めたる想いを語ると、このような想いがある。
いずれ肉体的に去っていく時が来るから、次の段階が来る前に、どの人もみんな新しい歩みの方向に向かって行くことになる。いつまでも、この状態が続くわけではない。どこかで次の道を歩む時に、自らの決意として、逞しく歩み出すのだろう。それまでは、寄り添っていく縁がある。それはこの魂(星の意識)との会話の中で示されたけれど、決定されたものではない。それは常に流動的に表現されながら動いていく。だから楽しみでもある。決定されたレールの上に乗っているものではないのだから。決定されたような表現をすることがよくあるのは、そこには確かにレールがあるからだ。
悟れない者がこの道を知ると、不幸を感じることにもなる。また、僕のように憂える心がある者がこの道を知ると不幸だとも言うが、レールの延長に何があるかと言えば駅がある。この世界のダイヤのように決められた駅に着くのではなく、その都度レールが敷かれていき、そこを走って行くと、霧のような道を進んで行った先に、予測できない所に駅がぽつんと現れて来る。それは楽しみでもあり、時にはその出会いに望みを持ったり、結果をいただくという尊さの発見にも繋がる。

ピッピ:
人間はショックを受けたりもするが、ポジティブな思考がベースにあれば、駅が現れるのも現象化だから、歩んでいくと楽しみがある。

ジイジ:
そういえば、みかこが来年のテーマについて話していたが、そもそもテーマは年を明けて出ることが多いのに、前もってそんな事を言っていた。今年も年末で来年もすぐそこに迫っているという事で、夕べの憂いの状態や、その延長に今、この尊き存在との出会いがある事が解った。これが来年のテーマだ。

ピッピ:
え?この状態にあることが?

ジイジ:
この状態にあるという事が、来年のテーマだ。言葉に表すことがなかなか難しく、生まれてこないけれど。カオスとはそういう意味である。

みかこ&まりねえ:
混沌(こんとん)。

ジイジ:
そうだろう。いよいよカオスの中に道が入っていく。カオスの扉が開く。解らないか?

まりねぇ:
カオスの扉。混沌とした中に扉が開く?

ジイジ:
先生、違うよ。そんな風に言葉を繋げて解り易くしてはいけないんだ。そこで解り易くしてしまったら面白くないだろう。

まりねぇ:
すみません!

ピッピ:
先生だったから、解り易くしちゃったね(笑)

ジイジ:
霧が立ち込めている中にレールが敷かれていて、先は枕木の上に線路が観える。列車でもない、こちら側にあるもの(意識)がそこを走って行く。走ってというのは、足を二本使って走るのではなく、ただレールの先に向かって動く、霧のようなものに乗って進んでいる意識。

星の意識:
人間の言葉では解りませんが、通りというか、道でもないし、通っている状態ですよね。動いている空間を現わしているから。言葉にはできないのです。

ジイジ:
そうです。イメージすると今のような表現であり、その状態に向かう人類の悟りの目的は、「その境地で未来をいただいていけ。そういった時代にこれから入ります」という事だ。

あき:
カオスという言葉を調べたら、「様々な要素が入り乱れ、一貫性が観えない、ごちゃごちゃした様子。そのような様相を形容するものとして用いられることが多い。これは元々、宇宙(コスモス)が成立する以前の秩序無き状態を意味する」と書いてある。

ジイジ:
それは、宇宙が形成される事自体も一時的なものであり、そこで文明が発生した時に宇宙がカオスではなくなった。矛盾しているようだが、人間たちが「こうなったらいい」、「ああなったらいい」と思惑の中で歩んできたことも、人間の進む道が宇宙へ還っていくきっかけとなるように、簡単に言えば「すべては頂く上にある」という事である。それは世界がある事、起きている出来事を頂くという事。そういった事かと納得しようとする想いが、湧き出しそうになった・・・・ああ、消えてしまった。

ピッピ:
カオスだから頂くという事なんだよね。

まりこ:
頂かざるを得ない。

ジイジ:
そう。もう一つあったのに、機能が大分退化してきた。しかし、これは機能の退化なのか、単に物理的機能の退化の結果に、これが起こっているのか。時々消されている可能性もある。

まりこ:
ここだけではなく、世界全体にそういった事が起きている気がする。

ジイジ:最近、こういう事がある。思惑を持ってすることが、すべて外れる。思惑を持って行えば、それはすべて壊れる時代に入った。それはカオスの時代に入ったので、テーマは「いただく」。そういった時代に入ったという事だろう。

まりこ:
世界は、頂かざるを得ない状況になっていく。

ジイジ:
これはもしかして、テーマが毎年固定して一年二年という区切りで出て来るのではなく、今までは、人間が文明の時代に入ったなどの大きなくくりがあった。そこで銀河の冬至を越えた結果か、いよいよ光や真理に向かって進む上昇気流に乗り出した今、ここからは人間の叡智で組み立てていく事ではなく、「人間は受け皿として頂く姿勢を取って行け」という事なのだから、そこでの頂くという事は、この大きな時代の節目において、思惑を捨てて頂いていく時代の幕開けとなる。その幕開けは、6450年の太陽圏サイクルの四半世紀の幕開けという事だ。『幕開け』!

ピッピ:
幕開け!

あき:
だから天に心を向けていくのか。

ジイジ:
いろいろなテーマが浮かんできたが、結局テーマは・・・。

みんな:
幕開け!

まりこ:
思惑通りにいかないんだね。

ピッピ:
でも、ただ幕開けって言っても理解できないね。

ジイジ:
だから、『混沌(カオス)の幕開け』。「カオスの中に突っ込んでいく事を、覚悟して行け、その覚悟があるか?バカたれー!」という事だ。

みんな:
笑。

あき:
でも面白いね。

ピッピ:
今、生み出すのになかなか捻ったね。生みの苦しみ。

ジイジ:
そう思うと6450年の下降線は、これを生み出す為の苦しみだったのか。

まりこ:
いよいよ形として壊れていく事に出会う覚悟が、必要な時が来たということかな。

ジイジ:
結局、みんな頂いているんだよな。僕は正月が近いわけだと実感した。心の大掃除、整理整頓をして正月を迎えなければいけないのだと想い、心が急かされ、これを今やっている。これで準備ができた。あとは、お節を作るだけ。300食作って、余ったら僕が食べるんだ。

まりねえ:
余らない!

ジイジ:
余ったら食べる。

まりねえ:
余らない。僕の分は余るよ(笑)

ジイジ:
今度の子どもは、あまるくん。カオスとか、マクアケちゃんとか、コントンとか。イタダクとか。

みんな:
笑。

ジイジ:
カオスを頂くという事、つまりカオスは霧のような掴み所のない宇宙雲という事だから、宇雲(ううん)なんだよ。宇宙雲は人間が観る地球上の雲とは違い、霊的に漂っている。すべてに遍満して漂っている。宇雲。宇宙雲の実体は神だから。雲のように形作ってこれと言って示さない。しかし、すべてに遍満し漂っている。宇雲。

あき:
今更ながら、ジイジが「宇宙雲は神の実態。漂って遍満している」と言った時に、「ジイジすごいな」と思っちゃった。さらさらさらと出て来るんだもの。

ジイジ:
僕の思考は今、遍満しているんだ。そういう景色を観ながら、肉体を持たない状態で思考が漂う。そうすると漂いながら宇宙雲に触れると、何というか・・・それを叡智とは言わない。叡智とは、人間が生きていく上で湧き出してくるその術を収穫しているようなものだが、そんな限定的なものではなく、この雲はそれがありとあらゆる宇宙に配置されているからこそ、この秩序がある、という実体そのものだ。そこに、肉体ではなく、魂を泳がせると、今のように言葉が出て来る。

あき:
ああ、いいな。

ピッピ:
いいな?

あき:
いや、この湧き出してくる感じがね。

ジイジ:
湧き出してはいない。湧き出しているのは、昔の宇宙図書館だ。あれは確かに湧き出してくる。考えると湧き出してくる。これは、ふわーっとした宇宙雲に触れると、出て来る。既存の表現では示せない。言葉に乗って出る言霊でもない。響きになって、ここ(クチ:自由が持続する所)から出て来る。

まりねえ:
だから、時々消えちゃう。

ジイジ:
なぜか消えてしまうから、これは加齢的現象の結果かなと思うのだが、そのタイプとは違う。消えた時は残念だけど。つまり何故それが起きるかというと、湧き出す言葉を組み立てる時、三文字陽性的な癖があって、方向性を観ながら順番に組み立てるという事をやっていると、その思惑が外れて消える。そうではなく今のような肉体も思考もない意識状態で、雲に触れていくと出て来る。肉体を持ちながらそれをするのは難しいが、それを天は「理解できます」という。それを、宇宙的痴呆と言ったりして(笑)。

みんな:
宇宙痴呆(笑)。

ジイジ:
おい、仕事いくぞ。のんびりしている場合か。この話は相当人材が揃わないと出来ないよ。

ピッピ:
揃った。見て(笑)。

ジイジ:
これはカオスであり、約束しない所で出て来る。

ピッピ:
カオス・・・。

ジイジ:「今日から始めます」とか、「映像観て喋ります」とかいうのでは絶対、出てこない。これだよ。来年は。

あき:
なんかいいね。人知でなく、決め事じゃなくて。

ジイジ:
ところでテーマは、なんだっけ?

みんな:
カオスの幕開け。

ジイジ:
宇宙は多次元構造になっているので、多次元構造になっている事をリアルに理解する時代が来たという事だ。宗教は、多次元構造の中にはない。この世界にしかない。そうではなく、実際に多次元構造である事を人間が解って生きていく時代に入ったという事だ。だから「混沌(カオス)」。幕開け祝い、踊ろうぞ。

ピッピ:
だから、ツイスト。ツイストとは、複数のものが寄り合い一つになる、そして質的転換を起こす、という意味がある。

ジイジ:
これは、とても大きな異次元からのメッセージだ。

まりこ:
今日、冬至。

みんな:
今日は冬至!すごいね!!

ジイジ:
それで正月が近いのを感じたんだ。そういうことか。

すべては善き事の為にある。どんなに過去の延長の経験が、「外れた」と思うような出来事や日常であっても、すべては過去の事である。過去をトラウマのように引きずる者にとっては重要となるが、過去を未来への延長に、未来に新たなものを気付(築)いて、常に自由自在の進化の旅を続ける者にとっては、それはあくまでも踏み台であり、自由自在に羽ばたくエネルギー源となる。そのように捉えることが肝要である。すべては善き事の為にある。仕組みはその者の姿勢がもたらすものであるならば、個人にもたらされることだけではなく、この世界にも同じようにもたらされることである。そのような境地に至った者にとって、大いなる者の存在は、すべては善き事の為にある。

 


 

カオスの時代を乗り越える ただひとつの方法

2022年元旦のジイジの挨拶

新年明けましておめでとうございます。
12月31日から夜が明けると、世界が新鮮で違ったように感じます。そこで、新たな年を迎えたような気になります。それは、地球は常に同じように回り、自転公転を繰り返し時が経っていく筈なのですが、その時というものには節目があり、1年の始まりの日には、その始まりを新たな気持ちで迎えるという私たちの意識と連動する何かが、この空間というか、この場にそういった響きとして感じられるからです。
この新しい年のテーマは、「カオスの幕開け」です。「カオス」とは、「混沌」という意味です。何が混沌かというと、時代が難しい時代に入り、先行きが見えない。表面的には同じ時間を過ごしていくように見えても、政治、経済、産業などの世界情勢は混迷を極め、環境問題がいよいよ顕在化し、天変地異を始め、世界中で様々な災害が起こることが予測されています。さらに、私たち人類が考えられる範疇を超える想定外の出来事が、これからの人間社会にのしかかってくることが予測されます。これまででも、地球の営みに人類が付き合ってくる中で、予測不能な出来事には出会ってきましたが、人間たちが、過去に起きた出来事を未来に当てはめていくことによって、人類の進化がもたらされてきたのです。過去のことをデータとして未来を読み解き、それに基づいて進化してきたことで、人間は「自分達はわかっている」とする傲慢さがもたらす特殊な能力の上に支えられた進化は、予測不能なことに対して無防備であることを、今時代はこの混迷を通して伝えてくれているのです。
そういった今までの人間の姿勢が、まだ改まらない中で、私たちはこのような、自然と共に生きる農的な暮らしを営んでいます。今、自然は人間に対し、何かメッセージを伝えようとしていますが、それがどんなメッセージかという事が人々にはまだよくわからない中で、ついつい自分達の都合の良いように日々が進んでいくことを想像してしまうのです。しかし、実際に過ぎ去った過去を振り返れば、たくさんの想定を超えた出来事に出会ってきました。自然災害だけでなく、人間のつくる人工の世界の中では悲惨な出来事がたくさんあり、相変わらず自殺者も多いのです。

そういった中で「混沌」が何を示すのかというと、混沌には二つの意味があります。
混沌として先が見えないという事は、ネガティブに捉えれば、不安の発生源であります。しかし、先が見えないからこそ、混沌の先に何が起きるのかという事をポジティブに捉えれば、私たちが想像できることを超えた新しい時代を迎えるという事が言えるのです。
その新しい時代は、新たなものを与えてくれるだけでなく、ネガティブな出来事が起きても、なぜそれに出会ったのかを考えれば、自らの想像を超えた出来事を頂く精神を育ててくれる機会となり、それは、私たちが生かされているという生命としての原点を学習する機会でもあるのです。そこで人々は、自らが陥っている、進化を妨げる自我を乗り越えていく事ができるのです。その時点で、次の時代が観えてくるのです。つまり、混沌とは、私たちの現状の能力を超える可能性を秘め、次へといざなう希望にもつながるのです。
「カオスの幕開け」とは、そういった先の見えない難しい時代に、世界中が入ったという事です。世界中がそういった時代に入った時だからこそ、智恵を湧き出させる。私たちが智恵の湧き出す器になるためには、美しい心でいなければなりません。正直で、みんなが信頼できる。そういった場所を創るからこそ、みんなの力が集結し、無駄なく一体となり、それを乗り越えていけるのです。

混沌の時代に、嘘をついて、人とつながらない、正直でない人々は、互いを疑い、ますます孤独になり、不安が増していくことでしょう。孤独というのは、最後には自分自身を行き詰まらせます。それが今の時代、社会に様々な形で現れています。そういった、私たちを不安に貶める因子を突破するためには、いつも自分のお腹の中にあることを正直に外に出し、人と通じ合い、信頼できる関係を創ることです。
その信頼できる関係を創る時に、一人では、いったい誰と信頼関係を創るのかということになります。たくさんの人が集まり、信頼できる豊かな場所を創る事こそが、このカオスの時代を乗り越える唯一の方法なのだと思います。時代が難しくなればなるほど、その厳しい時代を乗り越えるために、豊かさを表現する。その豊かさとは、みんなで助け合って生きていくこと。それが今、私たちに求められていることだと思うのです。

今年は、去年よりももっと厳しくなることは、まず間違いないでしょう。そんな中で唯一、こういった生き方を大事として始まったこの暮らしは、今年で29年目に入ります。この暮らしをしてきたことの意味がいよいよ示される時代が来た事を思うと、ますますこの生き方の大切さを感じます。皆さんと共に、その理想をぜひ実現しましょう。そして、自分達だけのためではなく、世の中のために、見本となっていく時が来ている事を実感しています。
今ここで、こういった生活の発起人としてこの話をしていますが、それはここにいる一人ひとり、老いも若きも皆が自覚し、自分発でその発信をしていく人になって頂きたい。そのネットワークをもって、ここの理想を表現し、世の中の模範としましょう。
そういった意味で、昨日から今日への区切りを越えただけではありますが、とてもめでたいと感じます。本当にめでたい生き方を表現する時代が来たのですから、「難しかったけど、良かったね」と、みんなで未来に言えるような決意のもとに、改めて、新しい年のスタートを切りましょう。
本当に、おめでとうございます。そして、ありがとうございます。

 

 


直会「恵みいただきます」より ~ 食べるとは、世界の仕組みが回っていること

先日、木の花ファミリーでは春に苗を植え大きく成長したマコモダケを収穫する「刈り取り神事」が行われました。
その日の夜、収穫したマコモダケをはじめ、新米やレンコン、イチジクなど、旬の恵みを皆でいただく「直会(なおらい)」の場で、ジイジは以下のように語りました。

皆で一緒に恵みをいただく「直会」

 


食べるものをいただく事は、とても意味深いことです。それは、この世界の仕組みがまわっているという事です。
毎年、秋には、こういった感謝祭をするのですが、実は、食べ物をいただくという事は、一年365日、毎日休む事はほとんどありません。具合が悪い時に休むぐらいで、普通に健康に暮らしているときには、毎日食べ物をいただきます。自分の都合で食べたいものをいただいているのではなく、生きていく仕組みの中にあることなのです。

普通は、朝起きていただいて、昼にいただいて、夜にいただく、という事をします。これは、朝昼夜と決まっているわけではなく、朝昼夜が来るからです。それも、この世界の仕組みなのです。太陽と地球と月の関係が、私たちにそのような仕組みを与えてくれているのです。
恵みをいただいて生きていくと言いますが、いただくとは食べ物をいただくというように感じますが、実はその仕組みをいただく事なのです。そして生きていくという事です。
人生を80年として365日をかけると29200回。約3万回弱、一日を繰り返すと、日本人はだいたい、人生にさようならとなるのです。
今回、一年の収穫を「恵みいただきます」という事で感謝する会を持ちましたが、それは宇宙の仕組みや、毎日毎日の星と星の関係や、地球に起きている季節の仕組みなどが、この世界を表現するように出来ていて、人間が代表してそれを表現しているのです。
それを表現するときに、ただ何も知らないでご飯を食べて、おいしかったね、で終わる人もいます。それも実は直会なのですが、もっと大事な直会は、この世界の仕組み、法則を創った神様が、人間に「わたしの代わりに肉の体を持ったあなたが、それを表現しなさい。そして、それができることを、感謝し喜んで表現しなさい。そのようにして、皆で感謝する事、助け合うことをやっていきなさい。」と、託したのです。

他の生き物もみんなそれを表現しています。他の生き物は、法則のままにとても純粋にそれを守っているのですが、感謝するという意識的な表現は出来ないのです。
人間は、そういったことを考え表現し、喜びを表す事が出来ます。
自分が生きているのではなく、この世界の仕組みがまわっているから、このように生かされ、素晴らしい恵みの仕組みを循環させていく事をいただいているのです。つまり、神様と人間の両方の思いが通じ、神様が創ったものを人間が代わりに表現する。これを、「直接会う」と書いて「直会(なおらい)」と言うのです。だから、人間が勝手に食べて、おいしかった、ありがとう、ではないのです。人間はそういった生きることの深い意味まで理解し、食べて感謝、そして日々を生きて感謝、という事ができるのです。
ところが、現代にはそんなことを何も考えず、自分の事しか考えない人間たちが大勢いるわけです。この世界の仕組みに生かされているという心になると、人は「生かされているんだ、いただいているんだ」と謙虚になり、ケンカもしなくなれば、助け合って生きる事を覚えていきます。
世の中が良くなる事は、人間がそのような仕組みを知り、広い心を持って、みんなで助け合っていく事です。宇宙の仕組みを創っている神様は、そのような世界を人間に創ってもらうために、地球にこのような仕組みを創りました。

毎日、生きることは感謝です。食事をいただくことも感謝です。その結果、健康に生きることができたら感謝です。それを続けていって、ああ、いい人生を生きることができた。そしていい人生の結果、みんなにありがとうと言ってさようならしていく。そういった心で生きることは、全てが直会であり、恵みいただきますだと思うのです。
今日の日というのは、そのひとつを特別に意識しているだけで、毎日そういった気持ちで生きていく事が大切なのだと思います。
今日、マコモ刈り神事で、マコモを収穫しましたが、あれは土から出来てきました。そこに、例えば、鳥の糞が入っていたら、鳥の糞が変身してマコモになった。地球上では、色々なものが変身して、不思議なことが起きている。宇宙では起きないすごく不思議なことが起きて、自分たちは生かされているのです。

木の花の食べ物は、とてもおいしいと言われますが、それはここで生きる人たちの、生き方、考え方、心が表現されているのです。これから、そういう事がますます評価されるようになります。
最近は、木の花の作物は人気があるので、みんな大変忙しいですね。マコモだけではなく、レンコンも。最近勢力を伸ばしてきている落花生も忘れてはいけません。そのうち、いちじくも取れだします。
色々思いは巡らせてきましたが、花が咲きだしたかなと思い、本当に感謝です。

 

 


宇宙が何ものであるかを知るために

この世界は、性質の異なる二つのものが向き合い、共同作業をし、ひとつのものを成立させる「対向発生」によって成り立っている。例えば、原子は原子核と電子で対向発生している。上があれば下があるように、男がいれば女がいるように、個人がいれば社会があるように、必ず相反する存在が互いを成立させる対向発生の原理により、この世界は成り立っている。

ところが、現代は個人が強くなりすぎて、対向発生をしなくなった。自らの存在が他の存在によって支えられていることがわからなくなり、個人のことばかり優先して考えるようになった。そして、家庭が孤立し、個人が孤立するといった現象が起きるようになってしまった。これは、人間が「自我」という自らの我を優先するようになった結果だ。他者によって自らが生かされていることを忘れ、助け合うということをしなくなった。
現代は、若い人が子どもを作らなくなり、少子高齢化が進んでいる。個人の自我が強くなり、自分のために生きるようになった高齢者たちが、医療にすがって長生きをするようになり、そのニーズに乗り、医療は一大産業となった。若い人々は、そのような不健全な社会の中で生きることが嫌になっている。生きることが嫌だということは、子孫を残す希望が持てないということでもある。生きることに意欲があると、子孫を残す。しかし、生きることへの意欲を失った現代の人々は、子どもを作らない。結婚もしない。その背景にあるのは、この世界に命をもたらす対向発生の神聖なる仕組みであるはずの性が、ただエロいだけの卑しいものとして行われてきたということ。その結果が、現在の現象をもたらしたのだろう。これがすべての間違いの元である。生命の発生原理である性が歪められたことで、世の中のすべてが歪むこととなった。

現代物理学は、物質が発生する時、そこには必ず、その物質を存在させるための「反物質」が発生すると言う(対向発生)。面白いことに、その反物質の存在は、確認できていない。そして、物質が再び反物質と出合うと、光となって消えると言う。ということは、すべての大本は光だということ。光から発生して物質と反物質になり、その分かたれたものが再び出合うと、光になって消える。とても興味深いこと。そこに行き着いた物理学は今、行き詰まりを迎えている。
物質に対し、反物質という存在がある。それは、現象界(ある世界)に対する潜象界(ない世界)を紐解くカタカムナ物理学では説明がつく。しかし、科学者たちは見えないものを否定する。現代の科学は、「ない世界」どころか「見えない世界」をも否定するから、限界を迎えている。
物質と反物質が同時に発生するということは、必ず相反するものの対向発生によって世界が成り立っているということ。そうすると、「ある世界」に対して「ない世界」があるという理論を持たなければ、この行き詰まりは突破できない。物質世界に存在する我々は、物質は「ある」ものだから、「ある」ものだけを肯定する。だからその先に進むことができない。

現代物理学は行き詰まっていると言うが、もともと物理学は行き詰まっていた。物理学は、この世界をひとつの世界と捉えている。しかし、我々が知っているこの宇宙をAとしたら、それと対向発生するBという宇宙があるはずだ。世界が対向発生によって成り立っているとしたら、Bという宇宙があるから、我々のAという宇宙があるという理論だ。
そこで、我々のA宇宙が何ものであるかをわかるためには、B宇宙へ行き、そこからA宇宙を見る必要がある。光の中にいては光は見えず、闇から光を見て初めて光が何であるのかがわかるように、或いは、低い所にいるだけでは低いということがわからず、高い所から低い所を見て初めて低いとはどういうことかがわかるように、その存在を本当に理解するためには、必ずそれと対向する存在へ行って見る必要がある。
しかし現代の科学は、物理的な発想のみで宇宙を探索するため、A宇宙全体からすると塵のように微小な太陽系の観測すら、まだまともにできていない。現代科学が考え得る最速の乗り物は、秒速30万㎞で進む光子ロケットだ。しかし、我々が存在する天の川銀河の直径は10万光年と言われており、光子ロケットをもってしても、銀河の端から端までを観測するのに10万年かかる。そして、宇宙には約2兆個の銀河が存在すると言い(誰が数えたのか)、銀河から銀河へ行くのは更に遠い。
光子ロケットは、現実にはまだ作られていない。しかし、我々は光を基軸にして生きるものだから、光を超える、もしくは光と同じ速度で飛ぶということは、時間が止まることになる。時間が止まった世界で我々が存在できるかというと、存在できない。ということは、光子ロケットは実現不可能だということになる。つまり、物理的探査では、我々はこのAという宇宙を観測し、理解することはできない。ましてや、Bの宇宙へ行くことはできない。即ち、我々物質人間は、この宇宙が何であるかを観測し、理解することはできないところに至る。これが現代物理学の限界だ。

物理学者たちは、形あるものだけを見ているから、宇宙を解明することができない。しかし、カタカムナ理論は、現代の物理的理論を超える。それは、人間には「思念」があるということ。
思念は光より早く、それはアマハヤミと言い、光の速度の10の64乗倍で宇宙を駆け巡ると、カタカムナ理論は言う。人間は思念を走らせ、宇宙を瞬時にして観測することができる。つまり、物質を超える能力を人間は持っており、その能力を発達させることで、この無限なる宇宙がどのようなものであるのかを解明することができると言う。
その視点に立った時、近代物理学は、物質物理学を超えることが、初めてできる。

 


アメノミナカヌシからの言葉

意識を中空上に向け、日頃のあなたの思考の位置から離れることをまず勧めます。
そのように意識を頭上に持ち上げることが出来れば、自らの日頃の生き方、姿勢を俯瞰してみることが出来るのです。
さらに意識を上空に持ち上げることが出来るなら、あなたは、この生命の星である地球を俯瞰してみることが出来るのです。
その誘導についてこられるなら、さらに天空に向かい意識を上げ、そして自らの存在を天空に向かい発信する、つまり、自らの存在を認識していただくことをお願いすれば、宇宙の根本、我々の銀河生命としての大本に、あなたの意志が届くことになります。

それは、自らの中から湧き出す自我や欲望から生まれる低くて狭いものであっては出来ないことであります。日頃の思考の回路に気づき、目覚め、コントロールすることにより、それを繰り返し、繰り返し、反復し、身に付けたとき、この手法はあなたの中に確信となり、手ごたえのあるものとして芽生えてくるものです。

そのような精神状態になれば、内からの閃きと天より降りる直感により、あなたは常に人間としての意識を超えた宇宙意識となることが可能となります。この人間の可能性はどの人の肉体にも精神にも種となり有するものであり、このことが人々に理解されたとき、時代は次の時代の幕開けを宣言し、人間社会の矛盾はたちどころに消えてゆくことになります。

今のような物理的解決をもって矛盾の解消に奔走すればするほど、それは報いとしての現象に翻弄され、益々ことはむずかしくなるばかりになります。そのことよくよく自らに戒め、根本的な解決、つまり意識の大転換をしなければならない事を、戒め、戒め、戒めて下さることを願うものであります。

これは、時代の扉が開く証として、人間の作る社会の改革と、今まで人間がもたらしてきた矛盾、汚染、そういった汚れを物理的に解消するための最も大事な第一歩である事を、くれぐれも肝に銘じてことを進めるべきであるという事であります。心構えの心の位置が下にあるのではなく、横にあるのではなく、真実の真心になければならないということであります。

くれぐれもよろしくお願いします。そもそも、このような悟りは誰かが語らなくとも、人が真実に目覚めるための目が開きだしさえすれば、一人ひとりの中にそのメが出るのであります。そのメ、全ての始まりのメをアメと言います。そのメの中心に、柱としてしっかりと不動のものが下りたときに、それは全ての命の原点、ミコトの柱となり、そのものも正しく祭りを地上で行うものとなるのです。

この柱のことをアメノミナカヌシと申します。それが地上に降り、そのメがこの無限の大循環の中で自らの役割に目覚め大いなる役割を果たすとともに、その生命の尊さを自由自在に表現したとき、命が地上に無限に生まれ、大循環の仕組みが地上に流れ、螺旋となり、無限に連鎖します。それをクニノトコタチノミコトと申します。

わたしたちは、宇宙の大いなる柱であるアメノミナカヌシノオオカミのもとに、クニノトコタチノミコトの分身分霊として存在するという事であります。さすれば、一人ひとり自らの価値がいかに尊い者であるかという事が自覚され、自ずとこの宇宙大循環の法則から外れるような行いはしなくなるものです。

つまり、この世を良くし、理想郷を築こうとする者は、形を先に考えるのではなく、この宇宙創造の仕組みに則った相応しい精神を体得するだけで、自ずとそれに相応しいものとして目覚め、それがこの世界に桃源郷を現す事につながるのであります。

これは個々の自我が行うものではないのです。私たち一つひとつの生命が、その大いなる物理性、霊性により成り立っている事の真実につながる分析であり、ただただその目覚めの位置に、自らの悟りの位置を求めるのが大切であるという話なのであります。全てはその法則のもとにあり、我々は学びを深め、そして大いなる法則がわたしたちを良き方向に導いてくれている事を悟る事なのです。